silder04
silder04
silder03
silder04
previous arrow
next arrow

地域のかかりつけ医として、地域とともに

にのさかクリニックは、1996年3月に開院した無床の診療所です。

外来診療から在宅ケア・看取りまで一貫した医療ケアを提供できることを目指しています。
そのために、他の医療機関・訪問看護ステーション・介護事業所等とのネットワークを重視、患者さんとご家族が安心して在宅ケアを行えるようサポートします。
また、地域住民とのつながりを大切に考え、地域に開かれたクリニックとして、講演会やコンサートを始め様々な活動を行っています。

さらに2011年4月には、「地域生活ケアセンター小さなたね」を開設しました。
「どんなに病気や障害が重くても、地域の中で暮らしたい」という想いの実現に向けて、重症心身障がい児/者の日中一時預かり施設・訪問看護ステーション・ヘルパーステーションがサポートします。


ご挨拶

理事長 二ノ坂 保喜

長崎大学医学部を卒業後、僻地での地域医療を通して、生活を支える医療の重要性を知り、その後福岡で在宅医療に取り組み始めました。当時は、まだ訪問看護ステーションや介護保険制度がなく、在宅で安心して療養生活を過ごすことが出来る仕組みが不十分でした。

1996年にクリニックを開院し、外来診療、在宅医療・看取り支援を行い、在宅ケア・在宅ホスピスの方向性を模索しながらこれまで取り組んできました。さらに2011年には、「地域生活ケアセンター小さなたね」を開設し、重度障がい児・者の日中一時預かりを開始しました。この25年間で在宅医療に関する制度等が整備され、在宅に関わる地域の医師や看護師、ケアマネジャー、ヘルパー、ボランティアなど共に取り組む仲間たちも増えてきました。また、地域住民とのつながりを大切に考え地域に開かれたクリニックとして、講演会やコンサートをはじめ様々な活動を行っています。

当院では、外来診療から在宅ケア・看取りまで一貫した医療ケアを提供できるよう、他の医療機関・訪問看護ステーション・介護事業所等とのネットワークを重視しながら、患者さんとご家族が安心して在宅ケアを行えるようサポートします。

地域のかかりつけ医として職員一同心を一つに患者さん、ご家族の方、そして地域のためにお役に立てるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 二ノ坂 建史

2013年から非常勤として勤務し始め、2017年5月から常勤、同時に副院長となり、2021年10月1日付けで院長に就任しました。

子ども時代から両親を見て、医師になり、非常勤医の1人として当院を見て、そして副院長になってからは当院の全体像を見てきました。父である初代院長が築いたものの大きさ(加えて内助の功としての母の偉大さ)は、改めて言及するまでもありません。これからも、当院の在り方として目指すものは同じです。“地域のかかりつけ医”として、外来から在宅まで一貫した診療で、皆さんの支えになれるクリニックで在り続けたいと思います。また、地域医療のモデルとしての自覚も持ち、社会への発信も続けていきます。

二代目の宿命でしょうか、当初より「父を超えることを目指して云々」という旨の叱咤を頂くこともありましたが、そのような考えは私の中にはありませんでした。私が個人としてどうということではなく、このクリニックがこれからも永く(私の後の時代も含め)社会における存在価値を保ち続けることこそが、私の果たすべき使命だと認識しています。
不安定な吊り橋を渡り続けることは、誰にでも容易に出来る事ではありません。でも、そこに石橋があれば、誰でも、多くの人が無理なく渡り続けることができます。私の役目は、父が到達した目的地に、誰でも渡れる丈夫な石橋を架けることです。

これからのにのさかクリニックは、「1人のスーパードクターを中心としたチーム」から「普通の医療者たちが作るスーパーチーム」に進化し、時代と共に変わりゆくものに順応しつつ、変わってはいけないものを守りながら、地域の皆さんのために精進してまいります。末永く宜しくお願い致します。


クリニックの理念

  1. 「地域のかかりつけ医」をモットーに
  2. 職員とその家族のために
  3. 患者さんとその家族のために
  4. 地域と共にあるクリニックをめざして
  5. 国際保健医療への貢献

診療時間について

  • 17:00以降の診療につきましては、訪問診療(往診)の都合により、開始時間が遅れる場合や診療ができないことがございます。診察ご希望の方は、事前にお電話下さい。

新型コロナウイルス感染症対策 ~発熱等症状がある方の外来受診について~

  • 発熱または風邪症状のある方は、まずはお電話にてご相談ください。受診できる時間や受診する方法についてご案内いたします。
  • 発熱もしくは風邪症状のある方は、お車の中で待機していただくかこちらが指定した時間に受診していただくことで、発熱や風邪症状のある方との接触をできる限り避けるようにしています。
  • 定期の受診、その他の症状で受診される方は、できるだけ12時までの受診をおすすめします。
  • 症状や経過によっては、他の医療機関へ受診をお願いする場合があります。

在宅ケア・在宅ホスピスについて

『患者さんや家族が安心して家庭で過ごすことができるように』という思いを抱き、在宅ケア、在宅ホスピスを行っています。これまでに多くの患者さんや家族の方々と出会い、在宅での療養生活のサポートを行ってきました。
それぞれの家庭を訪問していると、患者さんや家族のそれぞれの生活や生き方が少しずつ見えてきます。患者さんは、病院では『患者』というひとくくりで見られがちですが、家庭では、その人が果たしている大切な役割があります。また、家族にもそれぞれの役割があります。
在宅での療養をサポートしてゆくということは、その役割を継続してゆけるように支えていくことなのだと感じます。
これまでに出会った患者さん一人一人と家族の方々との思い出は、私たちにとって貴重な宝物、心の支えとなっております。患者さんや家族との出会いを大切に、現在も在宅療養のサポートは続いています。

患者さんと家族の方とのコミュニケーションを大事にして 一人一人の病状に応じた対応をいたします。


アクセス



福岡市早良区野芥4-19-34

西鉄バス野芥4丁目下車徒歩約1分

地図(GoogleMAP)


お電話でのお問い合わせ092-872-11369:00~18:00(外来診療時間9:00~13:00[水曜日を除く])

お問い合わせはこちら